読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語力ゼロからの英語学習&留学

英語力ゼロからの学習方法や留学情報

カナダ留学を申し込んだ後にすこし後悔したこと

今日ハローワークに行ってきたのですが実はカナダ留学の準備する上ですこし後悔したことがありましてこれからお申し込みされる方々の参考になればと思い記事にしました。

 

目次

 

  

後悔とは

それは学校やビザなどの手続きを焦って退職予定日のすぐ後にしてしまったことです。

退職後に労働条件などで変わってきますがハローワークから就職活動中ということであれば(もちろん働く意思はないとダメですよ!)月々お金が支給されるシステムがあります。

もちろん焦らずに就職活動もしつつ、留学するか否かを検討する期間として留学についてじっくり考えればよかったという意味です。

 

具体的に

私の場合は自主退職ですので退職後に申請し90日後、つまり三ヶ月後から日給で決まった額が90日間支給されます。要するに支給も3ヶ月ですね。

しかし月々に決まった日程に一定回数以上の就職活動を報告する必要があります。(セミナーに参加したり、求人に応募したりなど)

私の場合は申請日から3ヶ月後にはカナダに行ってしまうので報告もできませんし、活動もできません、半年後に帰ってきたとして申請をしても受給期間の1年を超えてしまいます。

なのでお金は受け取れません。

 

なぜ受け取れないのに申請したか

それはカナダから一旦半年で帰るのと出発までに短期の仕事を探すことを考えていたからです。

半年なのでギリギリ帰ってきた後に支給される受け取り満額の一定額がまだ受給されていなければ再就職祝いを受け取れることもあり、もし帰ってきた時にすぐ就職するかはまだわからないので相談したハローワークのお兄さんもそれがベストだとおっしゃっていました。

 

最後に

もちろんいい仕事があれば仕事に就きたい気持ちもありますし、その考えられる時間の猶予があればもっと将来設計じゃないですけどもっと余裕を持って英語を勉強したり、再就職、留学時期について考えられたなと感じました。

私自身、初めての退職だったこともあって知らないことばかりだったので特に社会人の皆さんはそれを考慮した上の方で今後の計画を立てられてもいいかもですね!

 

今回は私個人を例にとりましたが具体的な知識などは持ち合わせてないので詳細は専門の方に確認していただいた方が良いと思います。

ではでは。記事を読んでいただきありがとうございました。