読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語力ゼロからの英語学習&留学

英語力ゼロからの学習方法や留学情報

社会人留学のリスクとバンクーバーに滞在する人々の傾向

目次

 

   

日本での社会人留学とは

一般的に日本人としてキャリアに空白期間を作ることは信頼を失うことを意味します。
私もそうだったのですが堅実にキャリアを積み上げている方ほど留学したいと思ってもハードルが高いと感じるのではないでしょうか。幸い私は技術職で資格もあり、帰国しても就職活動に影響はないだろうという考えで留学を決めたこともあります。

またバンクーバーで滞在する上で留学生やワーホリの人たちに傾向があったことと、留学する上でおすすめしたいことをお伝えしたいと思います。

 

 

バンクーバーに来ている留学生の傾向

私が滞在していて私がお会いした同年代の留学生の多くは何かしらの技術職というか専門職の方が多かったです(エンジニア、先生、美容師など)。

もちろん、そうでない人も居てそういう人たちは日本ではあまり日本ではキャリアを積めずにフリーターしていた人、大学卒業したあとに来た人、ちょっとヤクザな商売とか水商売やってた人なんかもいました。

 

 

「ずっとバンクーバーに居たい」という現/元留学生たち

よくバンクーバーにずっと滞在したいと言う人がいるのですが、これは私はあまり理解できませんでした。

私は日本でそれなりにキャリアを積んで帰ってもドロップアウトせずに社会に戻れる自信がありました。要は帰るべきところがあったのです。

個人的な意見なのですが、日本に帰りたくないという人達は日本での居場所やキャリアがないから現実逃避できる海外にずっと居たいと言っているように聞こえてしまいました。

 

バンクーバーの女性の知り合いの多くは「白人と付き合ってこっちで永住したい」と言う人がほとんどでこれはジョークだとも思うのですが思ってなければ冗談でも口からも出ないのではないでしょうか。

実際、私のルームメイトが帰国が迫ってるので彼氏に猛アプローチしていたのですが最後には振られてボロボロになってたり、他のルームメイトは付き合いも浅いのにカナダ人ともう結婚すると言ってたり。もちろんそれが悪いとは言えないのですが、私には日本で成功もしくは居場所がない人たちがそういった行動を取っているように思えて、カナディアンドリームではないですが外国人と結婚、海外移住、人生のどんでん返しを図っているように見えました。

 

もちろん全員が全員とは言えません。ただ本当に多くの方がそういう発言をしていたので恥ずかしくもあり、ガッカリした覚えがあります。

 

 

いつか日本に帰る人たち

カナダで自身のキャリアを高めたくて難しいカリッジに入ったり、英語を必死に勉強している人たちも多く見てきました。
40歳を過ぎて奥さんと二人で来た夫婦の方や私と同じようにエンジニアの方、多くの人と出会いましたが彼らがバンクーバーにずっと住みたいかと聞くとNOであることが多かったです。

 

日本でこの現状を知る人々

私は以前バンクーバーに限らず、留学は勉強ができる優秀な人たちが行くようなところいうイメージがありましたがこの滞在でイメージは変わってしまいました。よくワーホリや社会人が最低限の英語力が必要とされる大学やカリッジではない語学学校だけの留学だと「こいつ遊びに行って来た」と思われることがあるらしいのですがそれは正しい判断だと思います。必死に勉強してきた人がいる反面、色恋沙汰や楽しいことだけに時間を費やして帰ってきて、正しい英語も話せない人たちが多くいるのは事実なのです。私自身も8ヶ月の間、語学学校しか行ってなかったのでそういうこと言われるかもしれません。しかし胸を張って勉強してきましたと言えます。(元々が低すぎたので大学生レベルまでしか上がってませんが…)
だからこの現状を知る面接官や人事の方々はTOEICスコアなどが無いと採用などで厳しい判断を下すのかもしれませんね。

 

 

社会人留学する上でおすすめしたいこと

技術職は比較的留学がしやすいと思います。

でもそうであろうとなかろうとまず日本でしっかり文法、TOEICなどを勉強して行くことをおすすめします。ワーホリ行きたくて30歳ギリギリだと仕方ないですが、やっぱり英語力がある上で留学するのと全く無いのとでは吸収力が違います。カナダで文法を勉強したバカな私も最後のほうがぐんぐん伸びている実感がありました(あと文法で理解できると脳にも定着しやすいです)。

なので日本で給料もらいながら英語を勉強して万全の体制で留学挑んだほうが有意義になるのは間違いないと思います。

 

あとは技術職の方もそうでない方もカリッジなどに入ることもおすすめします。
それだけで日本に就職するときに真面目に勉強したことを証明できますし、その上技術も学べます。
私はそれを知らずに語学学校に半年以上お金を費やしてしまったので予算オーバーでできませんでした(泣)

 

 

最後に

私留学を決める際にプログラマーの性なのか何事もする前に考えすぎて行動できない癖があってそれを治したいと思っていたこともあり、敢えてこの留学は勢いだけで決めました。もちろん良い経験を得ることができましたし、それが悪いとは思えません。
ただもっとこうしておけば英語を高められたと思うとやはり勿体無かったと感じることもあります。

 

最後にカナダで私を救ってくれた日本人の先生が言っていた言葉を送ります。

 

Canada doesn't change your English.

(カナダはあなたの英語を変えません。)

 

これを読んで皆さんがより良い留学を送っていただければ幸いです。
ではまた。